新幹線の切符を郵送する安全確実な方法とは?

新幹線の切符を郵送する安全確実な方法とは?

新幹線

 

結婚式や発表会などに友人・親戚を招待する場合、新幹線の切符を送りたい、郵送したいな、と思ったことはありませんか?

 

せっかく来てもらうのだから出来るだけ相手の負担は減らしたいですし、あらかじめ向こうのご自宅に切符を送る方が親切ですよね。

 

しかし通常の書類とは違い切符はチケットと同じで金券扱いともいえます。そういったものを送る場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

通常であれば普通郵便に簡易書留を付けて送ったり、レターパックを利用する方が多いでしょう。しかし大事な切符やチケットを送りたい場合は紛失事故が恐いですよね。日付がギリギリの場合は、期日までに届くかどうかも気になるところです。

 

ちなみに、簡易書留やレターパックの損害保障や、相手に届くまでの期間などはどうなっているのでしょうか?

 

新幹線の切符をレターパック or 簡易書留で送った場合は?

 

では簡易書留で切符を送った場合と、レターパックで切符を送った場合を比較してみましょう。

 

簡易書留は通常料金プラス310円で、5万円までであれば保障が付きます。

 

速達で送ることも出来ますし、追跡サービスがあるので今どのあたりかという状況を知ることも出来ます。窓口で受け付けてくれて、発送先に対しては手渡し・受領印となっています。つまり、その時に在宅の必要があります。

NG

 

レターパックの場合は、日本全国一律360円のレターパックライトと510円のレターパックプラスがあります。レターパックプラスは速達扱いになりますが、レターパックライトは後回しになれる可能性が高いでしょう。

 

また、レターパックライトはポスト投函が可能で、発送先へも郵便受け投函となります。レターパックプラスの場合はポスト投函は可能ですが、発送先へは手渡し・受領印となっています。

 

レターパックライトもレターパックプラスも保障の対象にはならないので、もしも紛失した場合には自己負担になってしまいます。

 

一応は、両方とも切符やチケットを発送することが出来るようです。

 

しかし、簡易書留は保障が付いていますが、それでも5万円までという規定があり、長距離の場合や往復チケットの場合には心もとないですよね。

 

また保障とはいってもあくまで現金保障であり、紛失した切符そのものを速やかに郵送してくれるわけではありませんやはり少々の不安は残りますよね。

 

シナジーチケットとは?

 

そんな方におすすめなのが新幹線予約販売のシナジーチケットです!

OK

 

シナジーチケットは、
窓口に並ばなくても特急券や乗車券が購入出来るという画期的なサービスです。

 

また、切符の郵送(切符を送ってもらえる)もおこなってくれるので、出来るだけ安全かつ速やかに切符を送りたい・送ってもらいたいという方にぴったりなんですよ!

 

新幹線各線路の回数券(指定席・自由席)と通常の乗車券と特急券を扱っていて、東京、新大阪、名古屋、京都、仙台などの主要区間以外にも予約ができるので地方にお住まいの方に切符を送る際にも利用できるんです。

 

また、利用日当日の一ヶ月前から予約が開始されるので、早めに予約しておけば日付ギリギリになって焦ることもありませんし、年末年始や長期休暇などの繁忙期であっても利用出来るんです。

 

並んで買わなくていいので、本当にラク!です♪

 

お支払いは銀行振り込み、クレジット振り込み、コンビニ振り込みを選ぶことができます。口座がない方やクレジットカードを持っていない方でも利用できるのが嬉しいポイントですね。

 

また、入金が確認され次第14:00までなら当日にすぐに切符が発送され、14:00を過ぎてしまっても翌日に発送されるので到着が遅れてしまう心配はありません。

 

切符を送りたい相手の自宅はもちろん、会社や企業などに発送先を指定して切符を送ってもらえるので、相手の仕事が多忙でいつ自宅に帰るか分からないという場合でも安心です。キャンセルも電話で受け付けているので急な場合でも対応してくれますよ。とても便利なサービスなので一度使ったら、やめられません♪

 

>>新幹線の切符が郵送で送ってもらえるサービスがコレ